薬剤科
部門概要

DSC_0029(2).jpg

「地域医療に貢献し、信頼される薬剤師」を目指して

現在、薬剤師の業務は大きな転換期を迎えており、求められる役割は旧来のような「ただ調剤をすれば良い」といった単純なものではなくなっています。そのため我々薬剤師はより良い薬物治療を提供すべく日々研鑽を重ね、「地域医療に貢献し、信頼される薬剤師」を目指しています。

業務紹介
内服・外用調剤
処方せんに基づき患者さんのお薬を作ることを、調剤と呼びます。薬剤師は、まず受け取った処方せんで飲み合わせは問題ないか、投与量が多すぎないか、少なすぎないかなどの様々な確認を行います。これを処方鑑査と言います。
お薬は身体から排出される過程で肝臓や腎臓が大きな役割を果たします。しかしながら年齢とともに肝臓や腎臓の機能は低下することがあるため、血液検査のデータをチェックして、必要に応じて医師に問い合わせをして適正にお薬が使用できるように確認をしています。
cat_img_04.jpg
注射調剤
注射処方せんに基づき、患者さんに投与するためのお薬を取りそろえ、鑑査し、外来や病棟に払い出すことを注射調剤といいます。注射は一般的に飲み薬よりも作用が強いため、薬剤の使用が適正かどうか細心の注意を払って、チェックを行っています。 DSC_0044(2).jpg
化学療法業務
入院・外来患者さんに使用する抗がん剤を安全キャビネット内で混合調製を行っています。また抗がん剤治療の投与計画(レジメン)の作成や管理を行い、有効性と安全性の確保のため、何重ものチェック体制を敷いて抗がん剤の調製を行っています。 cat_img_03.jpg
TDM業務
TDM(Therapeutic Drug Monitoring、治療薬物モニタリング)とは特定の薬剤を使用している患者さんから採血し、その血液中にどの程度薬剤が含まれているかを測定することで、患者さんに最適なお薬の量を計算します。この業務を行うことでお薬の効果は最大限に、副作用は最小限にすることが可能となります。 cat_img_06.jpg
薬剤管理指導業務
薬剤師が入院患者さんに対して、アレルギーの経験、副作用が現れていないか、使っているお薬の相互作用や適正な量かどうかのチェックを行っています。そして、必要に応じて患者さんと直接お話しをすることで、服用中のお薬の注意点などの説明を行っています。 cat_img_05.jpg
医薬品情報管理業務(DI:Drug Information)
お薬に関するあらゆる情報の収集・整理・管理をしています。お薬は当院だけでも1,000種類以上の取り扱いがあり、その情報たるや膨大なものがあります。その膨大な情報を取捨選択し、必要な時に必要な情報を医師や看護師に提供する業務となります。